三立工芸株式会社

浄水器・活水器・セラミックのことなら三立工芸株式会社にお任せ下さい。

ブログ

 

三立工芸株式会社

〒101-0061
東京都千代田区三崎町3-2-10
寺西ビル3F

TEL:03-3261-5171
FAX:03-3262-4782

 

HOME»  セラミックとは

セラミックとは

SEボール

本発明は、数種のセラミック物質を混合し焼成したセラミック体を提供し、これを利用して水を処理する場合、複合構造を持つ水分子を小分子化し、活性化します。これによって、水の活性化能力、または、自浄能力を向上させ、通水時、配管金属面に現われるサビ発生現象を防止することはもちろん、水の溶解能力を大きく改善できる活水機能を持つセラミック体及び、その製造方法を提供することに目的があります。

 

SEボール

 

〇遠赤外線放射率測定実験例

遠赤外線放射率測定実験例

 

遠赤外線放射率測定実験例

 

本発明のセラミック体の遠赤外線放射程度のため、FT-IR分光分析器(日本電子株式会社、JIR-E500)を利用し測定した結果、放射エネルギーが3.74×102(W/m2μm40℃)で現れ、理想黒体と比較すると約93%の高い放射率を表していることが分かりました。

 

〇活水酸素測定試験例

本発明のセラミック体を、両端に網が具備された管体の内部に詰め入れた状態で、一般水道水を通過処理後、この様に処理した処理水及び一般水道水にSOD(Superoxide Dismutase)
100Unit/mlを入れ20倍に希釈させた後、電子スピン共鳴測定装置(日本電子株式会社、JES-RE-1X)を利用し、活性酸素消去能力(SOSA:Superoxide scavenging ability)を測定し、その結果を下記に表しました。

 

試験対象 SOSA(単位:Units/ml)
一般水道水 1.82
処理水 3.91

 

上記の結果の通り、本発明のセラミック体で処理した処理水は、活性酸素を消去する酸素SODの測定値が3.91Units/mlで一般水道水の約2倍以上に現れ、一般水道水を本発明のセラミック体で処理する場合、溶存する活性酸素が大きく増加することが分かりました。

 

〇発明の効果

以上の説明で、本発明は水を処理する場合、複合構造を持つ水分子を電磁気で単分子化させ、水の自浄能力を向上させ、通水時、配管金属面のサビ発生現象を防止する等の活水機能を持つセラミック体の製造方法及び、そのセラミック体を提供する有用な発明であります。

 

BAボール

発明は、数種のセラミック物質及び、殺菌物質を混合し焼成したセラミックを提供し、これを利用して水を処理する場合、複合構造を持つ水分子を小分子化し活性化します。これによって、水の殺菌能力、または、自浄能力を向上させ、各種有害バクテリアに対しての殺菌効果を現せる殺菌浄水機能を持つセラミック体及びその製造方法を提供することに目的があります。

 

BAボール

 

〇殺菌力試験例

試験菌で、黄色ブドウ球菌類、大腸菌群及びレジオネラニューモフィラ菌(legionilla pneumophila)を培養した調剤水に、本発明のセラミック体を両端に網を具備した管体の内部に詰め入れた状態で、上記の黄色ブドウ球菌及び大腸菌群が培養された調剤水を1回、レジオネラニューモフィラ菌(legio nillapneumophila)を培養した調剤水を3回繰り返し通過させた後、処理水内に存在する菌の生長程度を観察し、下記に表しました。

 

試験菌 調剤水 処理水
黄色ブドウ球菌類 300 70
大腸菌群 300 57
レジオネラニューモフィラ菌
(legionilla pneumophila)
1.3×103 1回通過 2回通過 3回通過
1.3×102 7.2×10 0(陰性)

 

上記の結果で表した様に、処理水は調剤水と比較すると、黄色ブドウ球菌類、大腸菌群の場合、本発明のセラミック体で1回処理した状態で各々76.7%、80%が除去されることが確認され、特に、レジオネラニューモフィラ菌の場合、調剤水では1.3×103CFU/mlの高い培養度を表したが(図1参照)、1回通過後の結果は1.0×102CFU/mlで92%が(図2参照)、2回通過後には、7.2×10CFUmlで94%が(図3参照)、3回通過後には0CFU/m、陰性で表れ(図4参照)、本発明のセラミック体が非常に優秀な殺菌特性を現すことが分かりました。

 

調剤水でレジオネラ菌の増殖状態を表す写真

図1. 調剤水でレジオネラ菌の増殖状態を表す写真

 

調剤水を本発明のセラミック体で1回処理した後、レジオネラ菌の増殖状態を表す写真

図2. 調剤水を本発明のセラミック体で1回処理した後、
レジオネラ菌の増殖状態を表す写真

 

調剤水を本発明のセラミック体で2回処理した後、レジオネラ菌の増殖状態を表す写真

図3. 調剤水を本発明のセラミック体で2回処理した後、
レジオネラ菌の増殖状態を表す写真

 

調剤水を本発明のセラミック体で3回処理した後、レジオネラ菌の増殖状態を表す写真

図4. 調剤水を本発明のセラミック体で3回処理した後、
レジオネラ菌の増殖状態を表す写真

 

〇発明の効果

以上、説明から分かる様に、本発明は水を処理する場合、複合構造を持つ水分子を電磁気で単分子化させ、水の自浄能力を向上させるだけでなく、単純蛋白質体の細菌の生存能力を減少させ、水の中に生殖している各種有害バクテリアに対して優秀な殺菌効果を現せるセラミック体の製造方法及び、そのセラミック体を提供する有用な発明であります。